化粧水の作り方を紹介します!

化粧水選びのポイント!

・化粧水に含まれている保湿成分確認する
セラミドアスタキサンチンライスフォースなど様々あります
・トライアルセットなどで、まず自分の肌に
合うか試してみる

化粧水を手作りしよう!

メスシリンダー

色々な化粧水がありますが、ここでは
アロマを使用した化粧水を紹介します。

 

皮膚に水分を補う化粧水は
お肌のお手入れに必要不可欠です。

 

お肌にたっぷりつけて潤いを与えて             
いきましょう。

 

化粧水はその大部分が水ですが、精油
やグリセリンなどを少量加えると肌の
保湿力を増加させることができます。

 

そして、より効果的な化粧水を作成する
ことができます。

 

スキンケアに効果のあるおすすめ精油

 

普通肌 ゼラニウム、フランキンセンス、
     ラベンダー、カモミール・ローマンなど
敏感肌 ラベンダー、ネロリなど
脂性肌 イランイラン、ローズマリー、サイプレス、
     パチュリなど
乾燥肌 カモミール・ローマン、ローズオットー、
     ネロリなど
加齢肌 フランキンセンス、ミルラ、ローズオットー、
     ネロリなど

 

レシピ

 

・グリセリン 5ml(小1杯)                   
・アルコール(無水エタノール) 5ml(小1杯)
・精油 1滴
・精製水 40ml
・保存容器
・ビーカーなど計量できるもの
・かき混ぜ棒

 

1.容器と道具を無水エタノールで消毒する。

 

2.グリセリン5mlに無水エタノール5mlと
精油1滴を加えてよく混ぜる。

 

3.精製水40mlを加えて、保存容器に入れる。

 

4.使用時によく振る。

 

 

 

・使用する前にパッチテストを行ってください。

 

完成品を前腕部の内側に適量塗り、
24〜48時間放置します。

 

皮膚にかゆみや炎症などが起こらないか
確認してください。

 

かゆみや炎症など皮膚のトラブルが起きた
場合は使用を中止して、必要があれば
医師の診察を受けてください。

 

むやみに自分で薬をつけるなどの              
処置はしないようにしましょう。

 

・完成した化粧水は劣化しやすいので、          
容器は、遮光性のあるガラス製がおすすめ
です。

 

短期間であれば、割れにくく軽い
プラスチック容器を使用してもよいでしょう。

 

・水が含まれる完成した化粧水の保存期間
は1週間から2週間位です。

 

高温多湿を避けて、冷暗所、夏は冷蔵庫に
保管して早目に使い切りましょう。

 

・自分で作った化粧水の責任はすべて自分に
あります。

 

必ず、作製日をラベルに記載して自己管理
できるようにしましょう。

 

 

 

プチプラですっぴんでいられるようになる!
ライスフォース化粧水詳細へ

 

 

トップページへ


関連ページ

化粧水・洗顔のおすすめポイント
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、化粧水をつける時のポイント、洗顔時のポイントについても詳しく紹介しています。
乳液・クリームのおすすめポイント
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
保湿成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
美白成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
アンチエイジング成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらすアンチエイジング成分についても紹介しています。