乳液・クリームをつける時のおすすめポイントは?

化粧水選びのポイント!

・化粧水に含まれている保湿成分確認する
セラミドアスタキサンチンライスフォースなど様々あります
・トライアルセットなどで、まず自分の肌に
合うか試してみる

乳液のおすすめポイント

化粧水をつける女性

温める

 

こすらない

 

すりこまない

 

乳液は、化粧水で与えた潤いが         
蒸発するのを防いでくれます。

 

また、肌を整える役割を果たして
くれます。

 

未来の肌を考えるなら、しっかり
取り入れたいステップです。

 

自分の肌のコンディションをしっかり
確認して、以前よりも乾燥しやすく
なったとかバリア機能が弱まってきたな
と感じてきたら、是非プラスするのが
おすすめです。

 

使い方も重要です。

 

手のひらに乳液を適量(ポンプの場合は
2〜3プッシュ)とり、両手のひらで人肌
くらいに温めます。

 

たったこれだけのことでも肌なじみが
グンと良くなります。

 

肌をこすって摩擦を起こさないように
注意してください。

 

化粧水をつける時と同じように、手に力を
加えずに優しく顔全体になじませて
いきましょう。


クリームのおすすめポイント

 

清潔な温かい手で

 

目元、口元は重ねづけ

 

優しく押し込む

 

年齢とともに肌の油分量が減ってきたら、
不足した油分を補うスキンケアは必須です。

 

今はそんなにカサついていないという方も
実は油分が減り始めているかもしれません。

 

未来の美肌を念頭におくなら、
先手をうっておく必要があります。

 

清潔な手でパール粒大のクリームを
取って、顔全体になじませていきます。

 

乾燥しやすい目元や口元は
重ねづけするのがおすすめです。

 

肌が美容成分を余すことなく吸収できる
ようにじっくり、じっくりと手のひらで
優しく押し当てていきます。

 

冷たい手よりも温かい手の方がクリームの            
なじみがよく、クリームに含まれる美容成分が
浸透しやすくなります。

 

 

おすすめポイントケア

目尻のシワ

 

こめかみを軽く引き上げるようにし、
指のはらで優しく目頭から目尻に向かって
クリームをなじませます。

 

目尻まで来たら円を描くようになじませなす。

 

保湿成分たっぷりのアイクリームも
おすすめです。

 

眉間のシワ

 

眉間を指で軽く広げながら、円を描くように
クリームをなじませます。

 

ほうれい線

 

口角からほうれい線を上に向かって
細かくらせんを描くようにクリームを
なじませます。

 

コラーゲンの生成に深く関わっている
レチノールを配合したクリームもおすすめ
です。

 

レチノールは肌のハリと弾力をもたらして
くれます。

 

 

すっぴんでいられるようになる!
ライスフォースおすすめ化粧水詳細へ

 

トップページへ

関連ページ

化粧水・洗顔のおすすめポイント
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、化粧水をつける時のポイント、洗顔時のポイントについても詳しく紹介しています。
保湿成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
美白成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
アンチエイジング成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらすアンチエイジング成分についても紹介しています。
化粧水の作り方
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水の作り方も紹介しています。