化粧水をつける時のおすすめポイントは?

化粧水選びのポイント!

・化粧水に含まれている保湿成分確認する
セラミドアスタキサンチンライスフォースなど様々あります
・トライアルセットなどで、まず自分の肌に
合うか試してみる

洗顔(石けん)のおすすめポイント

洗顔

 

十分に泡立てる

 

手でこすらず、泡で洗う

 

すすぎまで気を抜かない

 

洗顔は、汚れなどを落としてくすみを                
取るだけでなく、洗顔後につける化粧水
などの浸透をスムーズにしてくれたり、
ターンオーバー(新陳代謝)のリズムを
整えたりしてくれます。

 

汚れを落としたいがために、ゴシゴシ
強くこすって洗うのはよくありません。

 

摩擦は肌に大きなダメージを与えてしまい、
肌のコンディションを崩して肌の老化を促進して
しまいます。

 

摩擦を避けるために大切なことは、
キメの細かいモコモコの泡で洗うことです。

 

キメの細かいモコモコの泡を作るには、
少量の水を加えながら、空気を含ませるように
じっくり泡立てます。

 

モコモコの泡は、顔と手の間でクッションの
役割をしながら、毛穴の奥の汚れもキャッチ
してくれます。

 

こすらなくてもすっきり洗えるのでおすすめ
です。

 

しかも、すすぎもスピーディに行えます。

 

泡洗顔はいいことたくさんです。

 

1点のくもりもなく、白く澄んだ素肌へ
どろあわわ洗顔詳細へ
どろあわわ

 


化粧水のおすすめポイント

洗顔

コットンを使う

 

ケチらない

 

手の動きは内から外、下から上

 

洗顔後の清潔な肌は、化粧水をぐんぐん         
浸透させます。

 

肌のすみずみまで、潤いと美容成分を
存分に浸透させるチャンスです。

 

コットンに500円玉くらい化粧水を含ませ、
顔全体になじませていきます。

 

コットンで化粧水を塗布すると顔の凸凹の
部分もむらなく塗れます。

 

手で化粧水をつけると目元や小鼻、
頬などにむらができてしまいます。

 

コットンでつけるのと手でつけるのとでは
約20%の差があるというデータもあります。

 

コットンを使用するのがおすすめです。

 

化粧水をつける時、コットンは顔の内側から
外側へ、下から上へという動きでつけて
いきましょう。

 

肌に潤いを与えながら、リフトアップ効果も
ねらえます。

 

けっして力を入れず、優しく優しく塗布して
いきましょう。

 

コットンが乾いてきたら、ケチらずに
化粧水を足すのがおすすめです。

 

肌が潤いで満ちるまで、繰り返し塗布して
いきます。

 

顔に触れてみて、ひんやり感じてきたら、
潤いケア完了です。

 

 

すっぴんでいられるようになる!
ライスフォースおすすめ化粧水詳細へ

 

トップページへ


関連ページ

乳液・クリームのおすすめポイント
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
保湿成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
美白成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水をランキング形式で紹介しています。
アンチエイジング成分
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらすアンチエイジング成分についても紹介しています。
化粧水の作り方
化粧水おすすめのトライアルセットを体験レポートを含めて厳選しています。また、肌についてや乾燥肌など皮膚トラブルについても詳しく紹介しています。あなたの肌にうるおいとハリをもたらす化粧水の作り方も紹介しています。